カードローン審査で気を付けてほしいことや審査の噂!

カードローン審査で気を付けてほしいことや審査の噂!

カードローンの審査で注目される年収について

カードローンを利用するには必ず審査というものを受けなければなりません。
審査とは、借りる側と借りられる側の信頼関係をはかるもので、この審査に通らなければ、融資不可能となります。

審査で最も注目されるのは、借りる側の年収です。
年収は借りる人の返済能力に直結するものとなっているので、カードローン会社はまず最初にここを確認します。

しかし、年収が高ければ確実に借り入れができるというものでもないのです。
お金を借りると毎月決まった額を返済していくことになるので、安定した収入が入ってくるのかというところがポイントとなります。

安定した収入を確認するために会社への勤務年数や住まいの住居年数なども確認します。
例え年収が低かったとしても、長年同じ会社に勤めていれば審査に通る確率は高いです。
逆に言えば、いくら年収が高くとも勤務年数が短かったり、勤め始めの場合には審査に通過できないかもしれません。


家族構成もカードローンの審査に関係するってホント?

カードローンの審査基準の1つとして注目されるのが家族構成です。
未婚者よりも既婚者のほうが審査に通過しやすいといった噂をよく耳にします。
既婚者は家族を養い、守らなければいけないという責任があるため、会社からの手当をそれなりにもらっている場合が多いです。

これはあくまでも審査基準の1つであって、結婚していなければ絶対に審査が通らない!というものではありません。
審査通過に一番大切なのは安定した収入です。
既婚者でも安定した収入が無い者だと見なされれば、審査に落ちることだって十分にありえます。

審査の通りやすさに関しては差はありませんが、最大融資限度額には多少の差がでます。
例えば、年収が同じ既婚者と未婚者が審査に通過した際には、既婚者の方が若干限度額を高く設定されることもあるようです。
しかしそれも大きな差がある訳ではないので、やはり噂は噂だと思ったほうが良いでしょう。

消費者金融

信用がないと判断されると審査は厳しくなる

カードローンの審査で一番重視されるのが信用問題です。
信用とはお金をキチンと返してくれるかの確認のようなもので、信用がなければ融資を断られてしまいます。

過去に他のカードローンを利用していて、返済ステータスが明らかに悪い場合には審査に通過しにくいです。
また、返済の滞りがあり、債権回収業者に権利が委託されている場合やブラックリストに載ってしまっている場合には高確率で審査を落とされます。

過去のカードローン利用歴でやむを得ない理由で返済滞りがあったとしても、審査の通過は難しいです。
借りたものをちゃんと返さないということは良いことではありません。
信用を得て、審査に通過しやすくなる為にも常日頃から返済日を守り、毎月滞ることなく返済していくことをおすすめします。
そうすることにより、今後またお金を借りたくなった場合にも審査に通過し、安心してお金を借りることができるでしょう。

カードローン

メニュー

ページ上部へ戻る

Copyright© 2014 カードローン審査で気を付けてほしいことや審査の噂! All Rights Reserved.